きちんと確認!通信制高校に通うメリットとデメリット

通信制高校に通うメリット

通信制高校に通うメリットとして、まず学ぼうという意志がある人なら誰でも入学することができるという点です。何らかの事情で高校に通うことができなかった人や高校を中退してしまった人でもやり直すことができます。しかも自宅で自分の都合の良い時間帯に学習を進めることができるので、働きながらでも高卒資格の取得を目指すことが可能です。また多くの高校が学年制ではなくて単位制を採用していますから、自分のペースで学ぶことができます。最低3年間は在学しなければ卒業資格を得ることができませんが、中には必要な単位を取得するのに10年以上かけて卒業する人もいます。さらに通常の高校に比べて学費が安いということも魅力です。

通信制高校に通うデメリット

もちろん通信制高校に通うデメリットもあります。一つ目は基本的に自分の意志のみで学習を進めていくので、途中で挫折する可能性があるという点です。自宅で好きな時間に学習するということは、サボっていても誰にも注意されないということです。強い意志を持たなければ続かなくなることもあります。次に人との関わり合いが少ないという点が挙げられます。もちろんそれが良くて通信制高校を選択する人もいますから、一概にデメリットとはいえないかもしれませんが、通常の高校であれば当たり前に体験する「クラスや部活の友人たちと互いに刺激を受けながら、多感な時代を過ごして人間形成していく」という経験がすっぽりと抜け落ちることもあります。仮にそのような経験もしたいと考えるなら、バイトなど高校以外の環境にも自分を置いてみる必要があります。

通信制高校を埼玉で選ぶメリットは選択肢が多い事です。県内の高校で公立1校、私立9校が通信制を行なっています。このほか県外の高校で埼玉に拠点お置いている学校も多く、芸術系など普通科以外の学科も豊富です。