志望する中学への合格は可能?厳しすぎないかどうかも重要!!

中学受験対策がしっかりできる塾を利用

中学卒業時は多くの人が高校受験をし、高卒時には大学受験をする人もいます。一方小学校を卒業して中学に進学するときはすべての人が受験をするわけではありません。地元の公立中学に進学するなら受験は不要なので、特に学校で受験対策や生徒全員への進路指導はないでしょう。小学校自身もあまり中学受験を前提にした指導はしていないのかもしれません。ですから中学受験をするのであれば中学受験に強みを持っている塾を利用するのが良いでしょう。志望している中学への合格実績が高い所の他いろいろな有名中学への合格実績が高い所であれば合格のための授業をしてくれ、相談にも乗ってもらえそうです。合格のための厳しいカリキュラムを持っているかどうかをチェックしましょう。

子供が通塾し続けられるところ

レベルの高い中学には学力のレベルの高い子が受験をして、その中でも上位にいる子が合格します。受験生全てが合格できればいいのでしょうが、実際には一部の受験生しか合格できません。中学受験対策をしてくれる塾の中には多くの子を合格させるべく厳しい指導をしてくれるところがあります。合格のためには厳しいところに行く必要もあるでしょうが、あまり厳しすぎるところだと子供が厳しさに耐えられずにギブアップしてしまう可能性もあるでしょう。塾選びにおいては子供が通塾を続けられるかどうかもポイントになりそうです。子供の学力が自然に上がっていく指導方法を持つところであればそれほど厳しさを感じずに通塾ができます。体験入学などを利用して通塾できる厳しさかどうかを確認しておきましょう。

今、学習塾は大きな転換期にいます。センター試験が廃止され、新たな入試が始まるからです。そのため、今後は時代の変化に対応しなければなりません。

中学生の塾とは
高校生の塾を読む