住まいや家のことで困った時はどうする?知っておきたい対処法

全ての事案に精通!弁護士の実力

住まいや家に関するトラブルに見舞われた時には、法律の専門家である弁護士に相談するのが手っ取り早い方法と言えるでしょう。実は住まいや家を巡っては様々なトラブルが発生しやすいことがわかっており、その相談件数が徐々に増えていることも事実です。マンションやアパートなどの集合住宅から戸建て住宅、注文住宅などに至るまで、住まいや家の形態は多種多様です。弁護士であれば、どのような形態であってもトラブルや問題を解決に導く知識や教養を持ち合わせています。シロアリ発生や雨漏り、日当たりの問題など住まいや家に関する事案は多岐に渡ります。また、住まいや家の作り手であるハウスメーカーや建設会社に責任があるのか、それとも不動産会社を訴えるべきなのかなどを見極めるのも素人には難しいところです。

民泊からシェアハウスまで!変化する住まいや家の事情

住まいや家に関するトラブルや問題が後を絶たないのは、実際に住んでみないとわからない事象が多いからということも言えるのではないでしょうか。外装や出で立ちが問題なければ、ついつい満足してしまうのがこれから住もうという人の心情です。万が一住んでみて何か違和感を覚えた場合には、速やかに弁護士に相談してみましょう。契約によっても異なりますが、瑕疵担保責任を問えるケースも少なくありません。瑕疵担保責任についても弁護士に任せておけば安心です。民泊の台頭やシェアハウスの増加など住まいや家のあり方にも変化の波が押し寄せてきていますので、弁護士が活躍する機会も増えています。

毎月2980円払って弁護士保険ミカタに加入すれば、弁護士への委任料金を一定額まで補償してくれます。15分以内の電話無料相談も可能です。法律問題以外のトラブルについても各分野の専門家にメールで相談できます。