名前は聞いたことがあるけれども実は意外と知らない?社会労務士ってどんな仕事?

社会労務士とはどんな役割を持っているのか

社会労務士は、正確には社会保険労務士と呼ばれています。

役割としては主に労務関係のスペシャリストとして扱われていて、人事や労務管理・社会保険に関する相談や問題を請け負ったり労務診断を行うことを担当しています。労務関係の問題やトラブルは弁護士が取り扱うことも少なくありませんが、弁護士が主にお金に関する部分を担っているのに対して、社会保険労務士の場合は人に関する部分を専門として扱っているという点が特徴です。

社会労務士の仕事内容

社会労務士の仕事は、主に5つの種類に分類されています。

まず重要なのが労働保険や社会保険に関する手続きを代行することで、保険関係の加入や適応、年度の更新など様々な手続きを代行してくれます。これによって企業側の手続きの負担を軽減することができるのはもちろん、保険関係が変更になっても適宜対応してもらうことができるのです。

また労務管理に関する相談や指導をすることで労働者と雇用者の関係を良好に保ったり、複雑な年金制度に関する相談も請け負っています。ほかには紛争解決手続代理業務、労務関係で裁判に発展した場合の補佐人としての対応も社会労務士の仕事内容の一つです。

社会労務士の主な働き方とは

社会労務士の働き方は、独立して自身の事務所を立ち上げるか企業に雇用されるかの2種類になります。

独立する人の多くはまずは企業に雇用される形で知識や経験を積むことが多く、法律関係の士業の中では比較的独立しやすいと言われているようです。雇用される場合は社労士法人や一般企業に勤務する形となり、それぞれの働き方にメリットやデメリットがあります。

社会保険労務士の就業規則は必要な項目が網羅されています。就業規則の作成は専門家に任せるのが最も効果的な方法です。

渋谷の社労士を調査
恵比寿の社労士で探す