こんなに手厚い!通信制高校の学習サポート

生徒の多様性に合わせることができる

通信制高校とは、仕事をしながら学びたい生徒やいじめなどによる不登校の生徒が、無理なく学習を進めていける高校です。週3日~5日の登校で、高卒認定の資格を取得できます。学べる専門分野は、学校によって多岐に渡ります。声優や漫画、自動車、プログラミングなど、興味に合わせて学ぶことができたり、福祉や美容師、ビジネスに関する資格を取得したりすることもできます。指導内容は、添削指導も受けられる課題レポートの提出と、分からないことを先生に質問して指導を受けられるスクーリングとがあります。集団で授業を受けるのが苦手な生徒や進学を目指している生徒には、マンツーマンで授業をするなどのサポートをしてくれる高校もあります。他にも文化祭やさまざまな行事があり、生徒を勉強面だけでなく精神面までサポートする体制をとっています。

通信制高校のメリットとデメリット

手厚い学習サポートをしてくれる通信制高校で学ぶことには、大きなメリットがあります。広域通信制高校ならどの地域に住んでいても入学できるため、自分の興味に合った専門分野を扱う学校に通うことができます。また、さまざまな理由で定期的に学校に通えなくても、自分のペースで学習し、高卒の資格を取得できます。幅広い年齢の人と交流できるのも、通信制高校ならではのメリットでしょう。しかし、自分の時間が多く取れる分、強い意志を持って学習する時間を作らなければなりません。毎日学校に通うわけではないので、人と関わる時間が少ないのも通信制高校のデメリットと言えます。

通信制高校を札幌で探してみると、将来の就職を考慮したコースが用意されているところがあります。寮が併設された高校もあります。