自動車保険を選ぶ時にチェックすべきポイントとは?

補償内容に大差がない各社の自動車保険

日本では様々な企業が自動車保険サービスを提供していますが、その補償内容には大差がないと言われています。細かく見れば違いはいくつか出てくるものの、大きな差がほとんど無いのが現状です。このため実際に自動車保険を選ぼうとすると、どれが良いか迷ってしまう場合が少なくありません。このため自動車保険における大切なポイントを絞って、比較検討する必要があるのです。

自動車保険選びの重要なポイントとは?

自動車保険を選ぶ時の重要なポイントは、4つあります。まず第一に、車両保険の有無です。車両保険とは自分が所有する車への保険のことで、一般形とエコノミー型の2つに分けられます。エコノミー型は保険料が安くなる分、補償範囲が限定されています。自動車保険の中にはこの車両保険が含まれていないケースがあるので、その有無をしっかり確認しておきましょう。2つめのポイントは、運転者年齢条件特約です。これは保険が適用となる運転者の年齢を制限するためのもので、運転者が35歳から59歳までの場合は、保険料が安くなるケースが少なくありません。自分以外に運転する人がいない場合、そして保険料をできるだけ安くしたい場合は、この運転者年齢条件特約もきちんと設定しておきましょう。そして残り2つのポイントは、走行距離と運転者限定特約です。走行距離は短ければ短いほど、保険料が安くなります。このため所有する車の走行距離は、適切に申告しなければなりません。一方、運転者限定特約については、保険の対象者を運転者だけに限定することを意味しています。この特約をつけることで、保険料が割引になります。

自動車保険は、突然の人身事故や物損事故の際の経済的な負担をしっかりとカバーすることができ、保険会社によって保険料や補償内容、ロードサービスの充実度などに特色が見られます。