集団授業を受けなくていい!転校や転入もしやすい!

集団の中での勉強が少ない

小学校や中学校は義務教育なので、誰もが通学しないといけません。学校は地域によって決められ、クラスや時間割も学校が決めます。気が合う人ばかりとは限らず、あまり合わない人たちとも一緒に勉強しないといけないときもあります。なかなか集団になじめない人もいるので、その中で勉強するのは辛いと感じる人もいます。通信制高校は、集団で勉強する仕組みではありません。普段は個人で自分のペースで勉強します。スクーリングによって出席のカウントがされます。スクーリングでは一応複数人の人で授業を受けますが、一般的な高校のように常に同じメンバーではありません。コミュニケーションを取っても取らなくても自由な中で勉強を続けられるようになっています。

中退したい時に転校や転入がしやすい

高校は自分で決めて進学をします。しかしいろいろな理由で辞めたいと思う人もいます。人間関係がうまくいかない人、授業についていけなかったり物足りないと感じる人、家庭の事情で授業料が払えない人などもいます。引越しなどによる転校はそれなりに行えますが、個人的な理由による転校は一般の高校では行いにくくなっています。通信制高校のいいところは、転校や転入がしやすいところでしょう。転校であれば、学年の途中であっても単位を継続して取得できます。学年が変わるときであれば転入でも問題ありません。一般の高校だと4月でないと手続きができないところもありますが、通信制高校は随時手続き可能なところが多いです。夏休み後に転校なども可能です。

熊本県には、通いやすく人気のある通信制高校がそろっています。進学率が高い高校や行事に力を入れている高校など、特色はさまざまです。立地などの通いやすさも重視して、通信制高校なら熊本から選びましょう