声優になる方法専門学校という選択肢もありなのか?

基礎力を得ることができる専門学校

声優になるために、絶対必要な資格はありません。いわば誰でもなれるといってもよい職業ですが、声優を目指す人の数は多く実力と運が伴わないとなかなかなることが難しい職業といえます。声優になる方法としては、声優事務所の養成所や声優コースのある専門学校に通うというのが一般的です。声優事務所の養成所のほうが声優になる近道だという人もいますが、演技経験などの基礎がないと入ることができないこともあり、演技経験などがゼロで基礎から学びたいという人は専門学校を選ぶというのも一つの選択肢となります。声優コースのある専門学校では、発声法や発音訓練などを含む演技の基礎やアフレコやナレーション、MCの実習などがカリキュラムに組まれています。多くの専門学校では、声優以外にも声を使う司会業やイベント会場でのMCなど幅広い仕事に対応できる授業を取り入れています。

業界とのコネクションも

声優専門学校の就職率は気になるところですが、就職するというより事務所との契約率といってよいでしょう。声優コースのある専門学校では、長年培ってきた業界とのコネクションを持っていることがあります。また卒業生の中で活躍する声優がいる場合、その人の人脈から学校に担当者を呼んでオーディションが行われることもあります。声優の専門学校を選ぶ際には学費や学校の雰囲気、カリキュラムの内容なども重要ですが、卒業生がどのような道に進んでいるのか、事務所との契約率はどれぐらいかという点もチェックするとよいです。

声優の専門学校は、声優になるための登竜門といえます。実践的な授業を受けることによって、卒業後は即戦力として期待されます。